田舎おやじの言動log

田舎で暮らすおっさんの言動を適当にロギング。

PC-88VA2の電源修理失敗

PC-9801FA関連で続けて修理がうまくいったので、本命であるPC-88VA2の修理に手を付けることにした。

手持ちのVA2は電源がしばらくすると落ちる、マザーボードが電解液漏れでパターン消失・表示されないという2つの大きな問題があり、このうち交換部品が揃った電源から行ってみた。

まずは電解コンデンサを片っ端から外す。接着固定されているものが多く、ハンダ吸い取り器があっても苦労した。

外した状態で丁寧に基板洗浄。パターンは裏側だけで比較的面積が広いため、補修するような箇所はなさそうだった。

勢い余ってインダクタまで取ってしまったが、どうもこいつの腐食が深刻な気がする。換えの部品も無いのでとりあえずそのまま元に戻した。

新品コンデンサ実装。一部サイズが大きくて窮屈になっている。

恐る恐る電源ON。ファンが回り5Vが無事出力され、ガッツポーズと写真取りを終えたあと唐突にダウン。ああ…直っていなかったか。

その後電源コネクタ、ファンコネクタ周辺の電解液漏れを発見し、丁寧に外して拭き取りなどを行ったが、段々可動時間が短くなってきて、最終的にはうんともすんとも言わなくなってしまった。今日のところはここまで。惨敗だ。

怪しいのは前述のインダクタ、あと電圧調整用のVRあたりだろうか。時間を空けると再び数十秒だけは正常出力されるようになるので、どこかの部品が熱でダウンしていると予想しているのだが…。

とりあえず追加で代替部品を探してみるが、もういっそのことATX電源で代用してしまった方が楽に思えてきた。マザー側の修理を進めるためにも一旦そちらに舵を切ろうと思う。

86音源ボードのコンデンサ交換

PC-9801FAのマザー2枚を修理した勢いのまま、音が全く出なくなってしまった86音源ボードのコンデンサ交換をしてみた。

表面実装タイプばかり50個以上ある。半田ごてでゆっくり剥がすのがセオリーだが、ぱっと見基板に酷い液漏れダメージはなさそうだったため、ニッパーで頭を切り飛ばした後に足を取る横着をした。

すべて取り外した状態。一部のコンデンサの足が細っていたり、ランドから足を外した時に電解液の匂いがしたりとそれなりに液は漏れていたようだ。べた付いた表面をエタノールで拭いてやるとなかなか綺麗になった。ここからうまくコテが入る順に丁寧にコンデンサを実装していく。根気の勝負だ。

張り替え後がこちら。ディップタイプかつ安物の高耐圧品で代用したためコンデンサの塊のようになってしまった。そして今回事前に容量を調べて手持ちを増やしておいて良かった。33μAと4.7μAが恐ろしい勢いで減った。

本体ディップスイッチで内蔵サウンドを未使用にし、メモリスイッチでBIOSも切って86音源を挿す。確認ソフトはいつものごとくソーサリアンNewIPL版だ。

無事認識し、この後のOPでいつもの曲がとんでもなく美しい音色で再生され始めた。低音もガッツリ効いている。何これ、こんなの知らない。

一応他のゲームでも試す。こちらも定番の痕。うん、聞いたことも無い素晴らしい音色だ。

ダメ押しでFMPによる再生。PC-9821CX13でよくBGM代わりに再生して聞き慣れているはずだが…間違いない、これが86音源本来の音だ。いままで手持ちの実機で聞いてきた音は恐らくコンデンサの容量抜けがありつつの劣化したものだったのだろう。30年98を触ってきて初めての衝撃。なるほど86音源って凄いな。

というわけで86音源ボードも無事生き返った。実は無極コンデンサ2個は正しい容量が手持ちになく、やむをえず1つ上の容量を使ってしまったのだが、今のところ大きな影響は無いようだ。そしてかれこれ半日ほどFM再生を続けているがおかしな挙動も見られず、画面表示が崩れるなどの問題も再発していない。本体マザー修理もうまくいっているようだ。実に気持ち良い。

こうなると俄然VA2修理に向けてテンションが上がる。そしてCX13、Ce2、リトルオーケストラ、SC-55など音源のコンデンサ交換もしたくなってしまった。特にSC-55は近年音のこもりと音量の低下が著しい。壊れないうちに挑戦してみたい。

PC-9801FAマザーボード修理

PC-9801FAの内蔵HDDへデータを転送しまくったり、ボード類を挿しまくったり、外付FDDを自作したりしてみたが、どうも色々うまくいかない。そうこうするうちに画面表示が酷いことになってしまったので、マザーボードを修理してみることにした。

解体するのに時間がかかってテンションが下がった状態で基板を眺めたが、意外にあちこち電解液漏れのダメージ補修が見られた位でよくわからなかった。じゃあトレーニングがてらということで、先日落札して同様の症状のまま放置していたFA/U2のマザーから先に修理(というかコンデンサ張り替え)してみた。

ホコリを飛ばしてざっと眺めてみると、思ったより青く錆びたり黒く腐っているところが無い。というか動作品マザーよりも状態が良い気がする。

とりあえず電解コンデンサをバサバサと切り飛ばしつつ、清掃とパターンチェックを行う。ヤバそうなのは3カ所。いずれもスルーホールが腐食してパターンが切れているように見えた。ちなみにこのうちの2カ所は動作品マザーの補修と一致する。定番の故障箇所のようだ。

先にパターンの修復を行う。VA2補修のためにと用意した極細ニクロム線なら綺麗にやれそうだったが、ルーペがないと話にならない感じだったので、今回は無理せず極細ラッピング線でスルーホール同士をジャンパした。1カ所はスルーホール自体が潰れていたので裏の抵抗から引っ張ってパターンの端に接続。

次いでコンデンサの半田。小さい容量、低電圧のものが手持ちに無かったので大きめのもので代用。漏れた電解液が除去しきれておらず半田の付きが悪かったため見栄えは酷いものだが、とりあえずがっちり固定できていることを確認し、最後に歯ブラシで清掃して完了。

FDD無しの最小構成で組み直して電源ON。見事に縦筋画面が直った。素晴らしい。やればできるじゃん。

さて。このまま動作マザーを現行FAに入れ替えることもできたが、バックアップ電池が生きているか不明だったことと、自分の雑な半田を信用しきれないことから、動作品のマザーを引き続き修理してみることにした。

コンデンサすべてがっちり固定され容量も合っていることを確認。そうなるとパターン補修箇所か新規の断線箇所が発生したかだが、これはあっさりと判明した。テキスト関連と思われるカスタムチップに接続される補修ジャンパ線の半田が外れて浮いており、テープの粘着力のみで接触していた。FA/U2マザーと同じ要領でスルーホール間にラッピング線を半田する。

他のパターンに問題は無さそうだったので、仕上げにエアーと歯ブラシで清掃。この時ちょっと怪しかったのが、小さな半田くずがとあるICの足の間に挟まっていた。他にも同様の箇所は無いか丁寧にチェックして完了。

組み直して電源ON。無事に直った。仮眠を挟んでの夜通し作業で目と腰が限界だが、まぁ苦労が無駄にならずに良かった。

最後の力を振り絞ってグラフィックアクセラレータGA1280用のビデオ入力ケーブルを製作。手持ちのカラフルすだれ線使用かつ収縮チューブ通し忘れで見栄えは悪いが、こちらも無事にパススルー出力可能になった。D-SUB15ピンが一般的な9ピンになるだけでもありがたい。こちらは後日アリスソフトのゲームでしっかりと動作確認しよう。

というわけで修理はうまくいき、幸運にも3.5、5インチそれぞれ完動するものが揃ってしまった。本体側はもうこれで十分。次に修復するのはこいつだろう。

純正の86音源ボード。ソーサリアンではステレオで認識されるものの一切の音が出ない。雑音すら入らない。まず間違いなくコンデンサの問題だろうが、表面実装タイプなので取り外しに気を遣う上に数が恐ろしく多い。もうちょっと元気が溜まった後日にする。

PC-9801FAのHDD LED接続とソーサリアンNew IPL

PC-9801へMO経由でデータを移せるようになったので、MOにデータを書いている待ち時間に内蔵カゴのHDDアクセスランプ接続と変換番長の再固定を行った。

といっても、カゴのLEDケーブルをZHコネクタで変換番長に刺せるようにカット&圧着と、0.3mmプラ板で簡易プラケースを製作して絶縁しただけ。

ごらんのようにHDDアクセスで光るようになった。地味なことだがなかなか気持ち良い。

ついでに5'2DD版のソーサリアンにNew IPL化をしてみた。正規メディアに直接書くのは恐ろしかったので、虎の子の2DDメディアにWIZARD98でコピーしたのちパッチした。

無事に486認識した。…のだが、FMがモノラルになっている。ここで思い出したが26音源ってモノラルだったな、そういや。ますますVA2のステレオ6音が恋しくなる。さしあたり86音源でせめてステレオにはしてやりたいと思う。

PC-9801FA再び

PC-88VA2の修理に専念しようとした矢先、珍しくFAの5インチモデル完動品が出品されたため落札してしまった。

個人的にちょっと無理をしたタイミングだったが、VA2の次に使ったPCがこれでパーツ構成もかなり似通っていたので思わず。思い出補正は本当に怖い。まぁ先日RAでうまく音が鳴らなかったソーサリアンも、V30エミュレーションモードで一応起動してFM音源も鳴ったのでよしとしたい。

外観は日焼けも少なく概ね問題無し。天板に若干の擦り傷、キーボードの2カ所がわずかに溶けているあたりはRAと先日のFA/U2から部品取りしてなんとかなるだろう。

HDDは不良セクタ有りの内蔵100MBがおまけでついてきたが、さすがにこれを長期間使うのは厳しいため、この日のために取っておいた変換番長+4GBCFカードをSCSIカゴに入れてやった。お勧め設定そのままで無事認識。ただHDDのアクセスランプを接続していないので、これは後日まとまった時間が取れた時にやるつもり。

さて。せっかくの大容量HDDを内蔵したのでたんまりゲームやFMP、MIDIデータを突っ込みたいと思い、WindowsマシンとのやりとりにSCSIのMOドライブを引っ張り出して付けたところ認識すらされず。MOドライブの故障を疑いガチャガチャと付け替えつつ格闘すること3時間。正常なケーブルを探し当て、かつ正常動作するドライブを総当たりで見つけるのは本当にキツかった。内蔵SCSIカードの性能もショボいので余計にストレスが溜まる。30年前はこれで快適に思っていたのに…。
結局手持ちMO4台のうち台はメディアを認識しなかったりドライブそのものが認識せず。数年前は全部動作してたのだが…。1台とりあえずバラしてみたが、思いのほか面倒だったのでこの日は断念。後日修理を試みたい。

5インチというところで最初はちょっと手間だが、2DD起動可能かつスロット4本フルに余っているので、ゆっくりとこれをゲーム専用機に仕立て上げる予定。さしあたりDOS環境構築とGA1280Aと86音源、MIDIボードの追加かな。できれば3.5インチ外付ドライブもでっち上げて接続したい。

PC-88VA2入手

PC-88VA2一式をヤフオクで落札した。個人的ヤフオク最高額で口に出すのも憚られる金額になってしまったが、30年以上前に使っていた思い入れの強い機種で、今回曲がりなりにも電源が入りしかも付属品一式が揃っていたので頑張ってしまった。

一縷の望みをかけて到着後にディスククリーニングのみ行い、早速PC-8801MA2用のディスクを使って起動してみた。まずモニターに何も表示されず、FDDはアクセスまでいくものの、その後V2ランプが消えて止まってしまう。さすがにそのままでは無理か。

とりあえず電源電圧を確認したところ、FDDへ12,5V両方正しく来ていた。FDDかマザー側の問題らしい。

と、ここで唐突に電源がOFFした。どこかショートしたかと思い電源ユニットだけ取り外してスイッチを押すも、一瞬ファンが回ったあとうんともすんとも言わなくなってしまった。どうもギリギリ持ちこたえていた電源ユニットも死んだらしい。なんてこった。

その後時間を置くと電源が数十秒ほど入ることを確認したが、最初に出力されていた12、5Vいずれも出なくなってしまった。あかん。

電源ユニットを開けてみると大惨事だった。基板裏に電解液がべったりと漏れており、パターンの表面が腐食しかけている。そして時間経過で電源が落ちるのはレギュレータのヒートシンクにあるサーミスタが働いているためらしかった。これのおかげでトドメを刺されずに持ちこたえたのだろうか。また幸いにもパターン剥離までしていないので、基板洗浄とコンデンサ交換でなんとかなるかもしれない。

電源は一旦置いておいてマザーを確認する。フロントパネルを外して表面が見えたところで冷や汗が出た。バックアップ電池の足が両方とも腐食して無くなっている。それどころか周辺パターンとICの足まで青錆で酷いことになっている。

基板裏は割と綺麗。心配していた電解液も今のところこちらには垂れていないように見える。ただ気になるところとしてポッティングしてあるコンデンサの足が片側切れているようだ。ただ腐食して外れたような跡が無く、まるで最初から付いていなかったかのよう。これは後ほどしっかり確認する必要がある。

基板表の青錆を重曹で簡単に除去すると赤枠内に重大なダメージが見て取れる。パターンは大外を回っているテキスト表示周りの4本が完全に消滅しており、TTLとロジックIC、RTCの足と周辺パターンが黒く変色して切れている。これは地道にIC交換とパターンのジャンパーをしないとダメっぽい。

そんなわけで高額落札の割にリストアには結構な手間暇が掛かりそうなのだが、思ったほど落ち込んではいない。いわゆる3つ目の動作不良でなく、電源ONとディスクアクセスの実績があり、先人の修理事例も豊富で何とかなりそうだからだ。そして汎用ICもコンデンサもすべて代替品が手配できた。時間はかかるだろうがライフワークとして必ず直してやろう。

PC-9801RA2の電源交換

いつの間にか電源が入らなくなっていたRA2の電源ユニットを交換。今回は面倒だったのでヤフオクで動作確認済みのユニットを購入した。

交換のついでに撤去し忘れていたバックアップ電池をニッパーで切り落とす。基板にダメージは無かったが電池の側面に電解液がにじんでいた。危ない。

さて。電源交換後無事に起動するようになったものの、なぜかFDから起動しない。厳密に言うとイースソーサリアンどちらも起動しない。あれこれやっていると2HDのDOSならいけることがわかった。どうもメモリスイッチとディップスイッチ設定が滅茶苦茶になっているらしい。

ひとまずディップスイッチをデフォルト設定にしたところ、イースは無事起動した。ただ音が出ない。リトルオーケストラ、86どちらを挿してもダメ。
気を取り直してV30にしてソーサリアンの起動を確認。ただFMではなくBEEPでBGMが鳴っている。そういやメモリスイッチでBIOSをどうこうする設定がソーサリアン取説に載っていたな。

ソーサリアンのパッケージを漁って補足説明にFM音源設定が載っているのを発見。指示の通りN88-DISK BASICを起動するも肝心のコマンドが通らない。バージョン違いなのかモード違いなのか。うーん…そういや数年前もこのへんのセットアップで苦労した記憶が。

そうこうしているうちに再び五十肩が痛み出したため、ここで作業を断念してフタを閉じた。眼精疲労もひどくどうも集中力が続かないのもある。

というわけで、今回もまた中途半端な作業となってしまった。連休前はあんなに意気込んで準備してきたというのに。しかしこれで一応所蔵レトロPCは一通り現状確認とある程度の復元は済んだ。ここらでハードウェア方面はキリにしてプレイ側にまわろうかと思う。ソーサリアンはもう98版は諦めた。88版で遊ぶ。

…まぁその前に家中にゴロゴロしている本体を実家に安置し直さないといけないわけだが。これが連休後半のミッションかな。気が重い。