田舎おやじの言動log

田舎で暮らすおっさんの言動を適当にロギング。

Linuxデスクトップでのファイル検索

Linuxデスクトップ上でファイルを検索するのにちょっとハマった。

アニメ「舟を編む」の一挙放送を見た後無性にOP曲が聞きたくなり、ファイルサーバー上のmp3フォルダを検索したのだが、なんだか一瞬でファイルが見つからない判定を返してくる。原因は実に単純でgnomeファイルではディレクトリの再帰検索ができないようだった。

んじゃ別の検索方法やアプリがあるかと思い調べてみると、どうも端末上でgrepとfindを叩く方法ばかりヒットする。Windowsならエクスプローラーの右上に入力するだけなのに…と意地になってアプリストアを探すも、まともなファイラー、ファインダーが見当たらない。

20分くらいあーだこーだと格闘したものの、結局素直に以下のコマンドを端末から打った。

$ find ./ -name *'潮風'*.* -type f
./StarDigio weeklyChart/20161219/50_潮風 ~アニメ「舟を編む」OPテーマ~.mp3
$

なんだか負けた気分だが、目的のmp3フォルダを開いた状態で「端末で開く」を選択すれば割と楽なので、一度覚えてしまえばまぁそれほどつらくはない。 当然下記でも結果は同じだが、find一つで済むところをわざわざパイプする必要もないか。

find ./ -type f|grep "潮風"

そんなわけでどうでも良いところで思わぬ時間を食った。CUIが便利すぎる故のLinuxの弱点なのだが、実はWindowsの検索も条件一致してるはずなのに何故か見つからない(引っかからない)ファイルが結構あり、一概にどちらが優れているのか判断しづらい。

というか、gnomeっていつの間にこんなポンコツになったのだろうか。見た目ずいぶん垢抜けたのに根本で騙されやすい上京者のようではないか。

Raspberry Pi4

Ubuntu21.04リリースのタイミングということで、久々にRaspberry Pi4(8GB版)を触ってみた。スクリーンショットが無いので伝わりにくいかもしれないが、OS別に簡単な感想を書いてみる。


Ubuntu21.04

GPUドライバにFKSが用意され軽くなった…と聞いていたのだが、やはりgnomeは荷が重すぎた。何をするにもノロノロでストレスが半端ない。もっともうちの環境ではシステムエラーを検知してちょいちょいメッセージが出ていたので、もしかしたらその影響だったのかもしれない。
その他動画を視聴してみたところ、youtubeは普通にいける感じだった。ローカルファイルのBS録画番組再生は若干のコマ落ちがあり、ちょいちょい画面中央に黒帯が入って気になる。
この辺まで触り常用は難しいと見切りをつけた。ベータ版の話なのでリリース版はもうちょっとマシなのかもしれない。

Raspbian

いつの間にやらカーネルが5.10になっていた。Bullseyeベースになのだろうか。
インストール直後異常にセットアップ時間が掛かったものの、なんとか日本語入力できる程度の環境が整った。デフォルトのChromium起動がやたら重いのが気になるが、一旦立ち上がればなんとか使えるレベル。
VLCUbuntuと違い吊るしのドライバ設定で、fullHD程度はコマ落ち無く再生できるようになった。明らかに4.19系の頃より軽いし、PulseAudio採用のおかげか再生後にサウンドを握りしめて動作不安定になる問題も解決していた。Chinachuと組み合わせて録画再生機くらいなら間に合いそう。
ただ残念なことにデフォルトでアマプラが再生できない。どうも専用のChromiumがあるらしいが、無理してこれで再生するメリットが無いので今回は何もしていない。
他に定番のRetropieを入れてみたが、デスクトップ上から起動するとゲームが極端にカクつく。Pi3ではこんなことはなかったように思うが、正直記憶もちょっと怪しい。なおtty1とかのCUIに切り替えて起動するとOSとしてのRetropie同等なめらかな動作になる。
全体的にUbuntuより軽快な動作であるものの、普通のPCの速度に慣れていると待ち時間にいちいちイラつく。うちはBLE実験機、PC-98エミュ機として使うあてがあるのでまぁこんなもんかで済んでいるものの、何も知らないでPC代わりにと考えているとがっかりすると思う。ビデオドライバがヘタレなのが残念すぎる。

Retropie

番外として久々に入れてみたが、半年くらいバージョンが変わっていないので新たな発見はなかった。PS1やPSPくらいまでなら実機以上の快適動作する。こいつにKodiとかを入れてゲーム&動画視聴機を作る手もあるが、以前挑戦してみたところ旧アニメ録画番組のアスペクト比が狂って再生されるトラブルが面倒で挫折した。おとなしくLibreELECとかを入れた方がいいかもしれない。


とまぁこんな感じで、1年くらい前より大分マシになっているものの、ちょっと欲張るといろいろがっかりするところはあまり変わっていなかった。
安いのでつい3台ばかり買ってしまったが、録音兼ファイルサーバーで1台常用しているだけで2台余っている。BLE学習の題材としてロボット遠隔操作くらい挑戦しないと宝の持ち腐れになってしまいそうだ。

PCエンジン

仕事の合間に物置と化した書斎をコツコツと片付けていたところ、 PCエンジン一式というお宝が発掘されたため急遽動作確認をしてみた。

f:id:rockfish1973:20210420225831j:plain

まずは イースI・II。おそらく20年ぶりくらいに動くCD-ROMもベルト切れなどなく快調だ… と思ったらイースIVじゃねーか!本物はどこだ?

f:id:rockfish1973:20210420225920j:plain

天外魔境IIのパッケ内にあった。つまりイースIVのパッケと天外魔境IIのディスク2が無い。実家の方に紛れたかな。

f:id:rockfish1973:20210420225938j:plain

今回発掘されたのがこれだけ。自分がもともと持っていたものと、大学時代に友人が持ち込んだものが混ざっている。働くようになった直後、退屈してた従兄弟に一式貸し出し、それが5年くらい前に唐突に返却。その後存在を忘れ今日に至った。
ゲームはメルヘンメイズとか自分が持ってたものが一部欠けているが、近年どこかで見かけた気がするので無くなってはいないだろう。 沙羅曼蛇とかは従兄弟が買ったと思われるが、今となっては絶妙なチョイス。

なお繋いでいるモニターはアイ・オー・データ製の22インチTVだ。このサイズでfullHD、AV、VGA端子を持ち、地上DとBSが見られる。110°CSに対応していないのと、他に持ってるモニターとリモコンコードがかぶっているのが唯一の弱点だが、レトロゲーム機やエミュ機を接続してあれこれするのにうってつけだ。

というわけで明日以降も暇を見て色々動かしてみたい。

LinuxでPC-98エミュ

久々にLinuxPC-98エミュを動かしてみた。

今回はNP2kaiをX11でビルド。以下のようにFDイメージのWiz1、HDDイメージの痕ともに問題なく動作。ただウィンドウサイズが1280x800最大、かつフルスクリーンが効かない(bullseye/gnome環境)

Wizardry

f:id:rockfish1973:20210419173532p:plain こちらは5インチ版を実機でイメージ化したものだが、実はウィザードリィコレクションのCD内に.FDIといったイメージファイルがある。持ってる人はこちらが楽。

f:id:rockfish1973:20210419173600p:plain こちらは実機HDDにインストールしたファイルをそのままHDDイメージに引っ張ってきた。

なおBIOSなどは実機のPC-9801RA、PC-9821CE2あたりから引っ張ってきている。
FDDアクセスがなくなるWizはエミュでやる価値はあるかもしれないが、痕はWindows版を入手した方が多分楽だし、MIDI音声を堪能したいのなら実機の方がこれまた楽だ。
強いて使うケースを考えればOBS Studioとかで録画したいとか、スナップショットを撮りたいとかそういうことくらいだろうか。

というわけで今度は実機が触りたくなってしまった。GWまでに部屋を掃除して設置するとしよう。

書籍

最近読んだ本の感想。漫画は性癖がバレるのが恥ずかしいので今回は少なめ。


ISO9001 2015のすべてがよ~くわかる本

会社の内部監査でKindle本が欲しくなったので購入。今更1から学ぶわけではないので関連項目だけの流し読みだが、まぁこんなもんかなと思う。2008からの変更点とか概要が簡潔にまとまっているのは良いが、事例が少ないため初心者がこれ1冊でISO9001を勉強するのはちょっと厳しいかもしれない。

Software Design 2021年4月号

今更Kindle本になっているのに気づき、数年ぶりに最新刊だけ購入してみた。まだすべて目を通せてないが、特集のLinux記事は読み応えがありわかりやすかった。なんとなくLinuxを使っている自分のような半端者にはうってつけの内容だったと思う。

Markdownライティング入門

最近の技術書の中で一番良かった。解説書としては薄味だと思うが、無理にMarkdownを持ち上げたりせず、いかに日々のライティングを楽しく簡単にするかに主眼を置いた内容で、自分も気楽に使ってみようかなと思わされた。入門書として素晴らしい出来。

Visual Studio Codeの教科書

これまでなんとなく使っていたVSCodeについて勉強し直すために買った。これ1冊で拡張機能の開発も出来る位内容が詰まっているが、それゆえページが多く最初から読む進めるような初心者向けではない。本当に教科書っぽく知りたい項目だけに絞って読む、学習するための本だと思う。個人的にはざっくりとしたVSCodeのしくみ、機能が把握できたのが良かった。

こんにちわPython

知る人ぞ知るすがやみつるさんのプログラム教本。Python題材だがプログラムに触ったことの無い本当の初心者向けなので、今後学校で触るだろう小中学生にはうってつけの内容だと思う。割と本格的なテキストベースのゲームを作るところまで書かれており正直感心した。こんにちわマイコンみたいな長く愛される本になって欲しい。

完訳 7つの習慣

人格主義を主張するだけあって自己啓発系のビジネス書の中ではかなり真摯、誠実な内容。自分の考え方を豊かにする目的ではすばらしい本だと思う。ただこれが仕事、会社組織に絡んでくると扱いが難しい。元々うちの会社のリーダー勉強会の題材として読むことになったのだが、こういった利己的なきっかけとこの本の言いたいことがかみ合わないのだ。もっと言えばこれを社員に勧める上司、組織はこの本を理解しているとは言いがたい。なんのバイアスも掛かっていない状態で出会いたかった。

スティーブ・ジョブズ

Apple製品だけでなくPixer作品でもこの世の中を大きく変えた偉人の伝記。…なのだが、彼のあまりにアレな性格も余すことなく記述されているため読み進めるのがなかなか苦痛だった。画期的製品がいかにしてできあがっていったのかという部分は非常に面白かったが、心が弱っている時に読むクズエピソードはそれを差し引いても相当に厳しい。そういう意味では伝記として優秀な本だと思う。

グーグル ネット覇者の真実

2010年代前半までのグーグルの歴史について書かれた本。かなりグーグル寄りなためか、ジョブズ伝記やナデラ本といくつか見解が食い違う部分がある。ただインターネット黎明期からグーグル製アプリ、エンジンを使っていた人間には懐かしい内容も多く楽しめた。そういやPicasaとかあったなぁ、とか。
古めの本なので最近のグーグルのやらかしや迷走っぷりは一旦忘れて、こういう時代もあったよね位の気持ちで読んだ方が良い。

イノベーターズ

近代科学、とりわけコンピューターについての偉人、発明が詳細にまとめられており、この手の伝記好きの人間にはたまらない内容となっている。まずはこの本を読んで、特に興味を惹かれた人物や技術、企業の本を読むのが正解と思う。

Hit Refresh

マイクロソフトCEOサティア・ナデラの自伝書。最近になってMSがオープンソースLinuxなど他のプラットフォームに歩み寄るようになったきっかけとか考え方が書かれており興味深かった。ただ全体的にきれい事、理想論が多く終盤は少々退屈に感じた。
本当は昔親戚に借りて読んだビル・ゲイツの伝記が欲しかったのだが、Kindle本になっていないのでこっちを読んだ。もっと技術寄りの熱い伝記が読みたければWindowsNT開発者の伝記を読んだ方がいいかもしれない。

人生は深いな

twitter漫画の書籍化だろうか。時折ネットニュースで紹介されており漫画自体の存在は知っていたものの追いかけるほどではなかった。今回ひとまとめで読んでみたが日常の笑えるエピソード、あるある話から作者の方の人生観、お気楽さが伝わってきて癒やされつつも爆笑してしまった。疲れている時に読むと心の底から元気になれる良作。

ダンピアのおいしい冒険

ダンピアという探検家(学者?)の伝記漫画。冒険ものというところでは個人的にワンピースよりワクワクする内容で、随所に感じる学研漫画の匂いがとても懐かしい。絵柄が今の子には受け入れられないかもしれないがぜひとも読んでほしいと思う。

迷宮クソたわけ

Wizの二次創作と言っては見も蓋もないが、イメージとしては隣合わせの灰と青春をタイトル通りクソたわけにした感じ。中身はちゃんとWizだし青春しているしめちゃ面白い。作者の方なりのWiz観というかファンタジーRPG観に筋が通っていて、長年のファンであることが伺えるのも良かった。早く続きが読みたい。

ニンジャと司教の再出発!

荷物持ちのニンジャとやさぐれ司教が冒険に出るという、これもWiz定番ネタからの物語だが、上記の作品と打って変わり富士見ファンタジア文庫オーフェン外伝的なノリの笑える作品だった。これを読んで思わずWizを再プレイしてしまったほどで、最近のラノベの中では個人的に一番面白かったと言えるくらい気に入っている。偉大なる司教アーウィアと愉快な仲間たちに乾杯!


最近Kindleに完全移行して保管場所の問題は解決したものの、代わりに積ん読問題が再発しつつある。こうして感想が書けるようにせっせと読み崩していきたい。

マウス

手持ちのマウスの1つが調子悪いので、今日はなんとなくマウスについて書いてみようと思う。


メーカー

基本的にロジクールの無線式を選んでいる。例外としてサンワサプライの無線セットがあるだけだ。

手持ちのマウス

以下に型式ごとの雑感をまとめた。

  • MX ANYWHARE3
    今一番のお気に入りで自宅の仕事はこれを使っている。手持ちで一番高いだけあって使い心地や耐久性に問題は無い。というか、こいつの性能、特にホイールに慣れると他のものに戻れなくなる。
    3台までのPCと切替できるので今はWindows10のXPS13とDebianのデスクトップ機にペアリングしているが、これについてトラブルが起きたことはない。唯一Windows10でとある時期から唐突にカーソル移動の遅延が起きたが、省電力関連の設定を全部OFFにして解決した。後述のホイール故障が起きず長く使えると良いと思う。

  • M185
    安かったため一時期これを大量に買って使っていた。今はCF-RZ5やRaspberry Piのサーバーにたまに接続することがあるくらい。
    軽くて値段の割にちゃんとした性能なのだが、木目やビニールシートの上でまともに使えないのとホイールクリックがすぐ死ぬのが致命的だった。多分10台近く壊している。やがて買い換えに疲れてしまい、今は1台しか生き残っていない。

  • M557
    M185の次に多く買って使ったのがこれだが、同じく今は1台をXPS13を会社に持ち込む時に使うくらい。MXを持って行くと、会社に忘れた時にダメージがでかいというしょーもない理由だ。
    BT接続で安価、それなりに解像度の高いカーソル移動もできコストパフォーマンスは良いと思うが、これもM185と同じくホイールクリックが速攻で死ぬ。合わせて小さい割に単三電池2本と重めのところで腱鞘炎となってしまい、またまたM185と同じく5,6台買った生き残りは1台だけとなってしまった。
    ただ人に勧めるならこいつかな、くらいには気に入っている。

  • G304
    前述の腱鞘炎を患った後に購入し、今は会社支給のPCとリビングPCで使っている。
    やや大きめで単三電池1本と軽く手首の負担は少ない。ゲーミング用途なのでdpiの切替でスムーズなカーソル移動が出来る。性能面で弱点らしいところはないが、価格がそれなりにするのでコストパフォーマンス面で微妙な立ち位置と思う。

  • G702h
    G304がなかなか良かったので勢いに任せてゲーム用に買ってみた。今もゲームPCに接続して使っているが正直失敗だったと思う。
    失敗と感じた理由はバッテリーと有線ケーブルだ。充電と有線コンパチのためUSBケーブルがあるのだが、これが今時Type-Cじゃないのがきつい。電池の持ちもMXより悪いので、PCにこれ専用のUSBケーブルを挿しっぱなしにする必要がある。無線充電できるマウスパッドのオプションがあるが、こちらはマウスの数倍の値段がして本末転倒に思う。

  • 無線セットのマウス
    型式は失念したが安価な無線89キーボードとのセット品も一応使っている。極希だがスイッチでチャットする時とか、サーバーの設定を直接変更したいとか、自作PCUEFIの設定変更をしたいとかそういう場合だ。
    出番が少ないので耐久性はよく分からないが、M185と遜色ない使い心地で後述のサンワサプライ品のようなトラブルも無い。予備として持ってて損は無いと思う。

  • サンワサプライ無線セットのマウス
    リビングPCでしばらく使っていたが今は文鎮と化している。というのもUEFILinux上の動きがデフォルトで使い物にならないからだ。Linuxならカーネルオプションのpolling設定でなんとかなるものの、UEFIの方は自分ではどうしようもなかった。
    Windows上の動きは可もなく不可もなく。強いて言えば電源OFFスイッチが無いことと、少電力から復帰するのにクリックする必要があることが不満だろうか。安価でデザインも悪くないだけに残念。


とまぁこんな感じだ。さほどこだわりがあるわけではないが、どうやらホイールクリックを人より多用するらしい。M557は嫁さんも使っているが5年以上壊れていない。多用といってもアプリやリンクを新規に開くとかくらいなのだが。謎だ。

わらび

腹ごなしの運動として近所の河川敷でわらびを採ってきた。

f:id:rockfish1973:20210415174910j:plain

子供の頃は家の裏山の土手にわんさか生えていたものだが、今はこれだけ採るのも一苦労だ。そもそも生えてる場所が全然無い。こんな田舎でも区画整理や土石採取で山がなくなったりしているからか。ちょっと寂しい気がする。

ちなみに先週も嫁さんと二人で採って少しだけ嫁さんが知り合いにおすそ分けしたのだが、その知り合いはわらびを食べたことが無いとのことだった。狭い世界に閉じこもっていると麻痺しがちだが、ここはど田舎なのだなぁと改めて感じる出来事だった。