田舎おやじの言動log

田舎で暮らすおっさんの言動を適当にロギング。

IC入手難

世界的なIC入手難がいよいよ我社にも影響を及ぼし始めた。 今までも特定サイズのRCが無いなどのことはあり、その都度代替品選定してしのいでいたが、今回はうちが傾きかねない重要なICが代替品を含め入手できない状況だ。

本来は購買部署の業務なのだが、パートさんだけの部署に任せるのはさすがにヤバいということで、うちの部署でも代替品探しや入手先探し、代替品評価を手伝っている。具体的にはこんな部品見つけたけど使える?といった質問の回答や、このサンプル使える?といった評価だ。

で、非常事態ということもあって体調が悪いなか、メイン業務を後回しにして有休消化中、夜と時間とシチュエーションを問わず即答、即作業をしていたのだが、どうも会社側のレスポンスがよくない。
夜にしつこく問い合わせが来たかと思えば翌朝からぱったり反応がなくなったりとか、自分が記憶にあることを否定された挙句、後日別の人が調査して同じ結論になったりとか、その別の人が忙しいからとどうでもよい業務を回されたりとか。最悪その部品がなくても動作するように仕様変更せざるを得ないのに、営業がお客様への連絡を嫌がって対策案がボツになったりとか。
何よりがっかりなのがこの3連休だ。実は直前まで月曜が我社も休みと知らずにいた。金曜日中にサンプルが届いたらすぐに評価してくれと念押しされていたのでてっきり月曜朝イチで結果を知りたいのだと思っていた。ところが人にそんなことを言っておきながら月曜は休みとかもうね。火曜にのんびり結果を聞いて発注の判断をするつもりだったらしい。
幸い(?)サンプルは悪天候で週末に届かなかったのでこちらも意地になって3連休一切仕事をしていないが、一歩間違えば土日を評価で潰したあげく月曜一人で出社するところだった。本当に馬鹿らしい。

ちなみに前述の評価した別の人とは、以前も登場したうちの部署の嘘をつく人だ。今回も自分がそのICは評価済みと言っていたにもかかわらず、そんなの評価していないと言い張った。あんた昔メーカーからサンプルもらっていじってたじゃんと思ったが、まぁ10年以上前の事だしこちらの記憶違いの可能性があるかと追求しなかった。ところがその翌日自分が不在の間にサンプルを持っているのを思い出して再評価したらしい。以前評価したならそもそも評価不要なのだが、どういうわけかやってしまった。意味不明だ。
そしてその人が他部署からプログラムの小改造をお願いされたらしいが、できなくてこちらに回されてきた。わずか1行コードを削るだけの作業で10分程度で作業完了して引き渡したが、もともと月末までにあれば良いものだったらしく、いまだに自分に回された理由が不明だ。月末まで猶予があるならあんたがやれよ。

まぁそんなこんなでこりゃ会社が潰れても仕方がないかもな、とか、いっそ潰れかけた方が皆目が覚めるんじゃないかとか考えてしまっている。できればあと10年ちょっと持ってくれればよいが、今潰れてもそれはそれで早めのリタイヤでむしろ長生きできるかも、とかちょっと悪くない気もしてしまう。変な自己犠牲だけは発揮しないよう心がけよう。