田舎おやじの言動log

田舎で暮らすおっさんの言動を適当にロギング。

SD破損ふたたび

Raspberry Pi4サーバーのSDカードがまたも壊れてしまった。今度は1月持たなかった。

月曜日のスターデジオ録音とファイルのGoogleDriveアップロードは正常に行われているので、火曜日の夜に何かあったようだ。端末画面にsda1のエラーが出ていたのは確認したものの、うっかりログを確認する前に再起動させてしまい、それっきり起動しなくなってしまった。
今回壊れたものはKingston製16GB。正直どこで入手して何に使っていたものかよくわからないシロモノだったので、もしかしたらカードそのものに始めから異常があったのかもしれない。ちなみに前回はSandisk32GBで、今手元に東芝64GBがある。次に使うとしたらこれだが、さすがに3回目となると躊躇してしまう。

なお熱のせいかとも思い、前回の破損時にUSBファンを本体上に設置し、日中でも40℃を超えないように冷やしている。一応。まさかとは思うが知らない間に本体にダメージがあるのだろうか。うーむ。

とりあえずミニタワーのファイルサーバーがもう1台あるので、そちらにUSB HDDだけ繋いでお茶を濁すスターデジオ録音は土日の気分で。Busterではサウンドバイスの認識順に苦労させられた記憶があるので、そこを乗り越えられるくらい元気だったらミニタワーにしよう。

面談

先日確定した賞与査定についての面談があった。

…のだが、評価対象から外してもらったはずの部下育成についてネチネチとやられてわけがわからなかった。そこまで納得がいかないのなら前の最低評価にしてもらったほうが、こちらも一切の躊躇なく切り捨てられるのでありがたいのだが、どうも会社や上司の考えることはよく理解できない。
これが普通の部下で初めての指摘なら100歩譲って聞く耳を持つが、もう管理職をやめて3年が経ち、代わりの部長、課長、係長すらサジを投げる50過ぎの歳上のおっさん2人についてなので、そろそろこの話題は時間の無駄だと気づいてほしい。

どうしても無能な私にやらせたいのならまずは手本を見せてほしいと常々思っているのだが、入社以来10数年、古参社員の上司連中からそういうものを見せてもらったことがない。批判したいだけの理由で口の聞き方が悪いとか、彼らが萎縮するから優しくしろとか、正直もう聞き飽きた。50過ぎのおっさんに優しくしろとかアラフィフおっさん上司がアラフィフの私に言う会社とかもう地獄でしかない。

そんな感じで今週はスタートから最悪だ。ちょうど急ぎの仕事も無いし、こんなことなら有休でも取れば良かったかな。

延期

楽しみにしていたWizardry ~5つの試練~だが、リリース24時間を切った段階で発売延期になってしまった。

一部機能の削除や制限がどーたらと書かれていたが、どうも版権がらみでヤバそうなところをなんとかするらしい。これはもう掲示板で暴れているイカレ外人ども対策としか思えず、発売延期自体よりこれに屈したことが残念でならない。

最終的には要望スレッドに書かれているようにむやみな機能削除するくらいならWizじゃなくていいと思う。もっと言えば旧Windows板でほぼ完成されているのだから、そちらの認証だけ継続してもらえれば良い。外人どものためにカスのようなリメイクがリリースされ、過去の名作が潰されるのは勘弁願いたいものだ。

アーリーアクセス前日

Wizアーリーアクセスまでいよいよあと1日。本来ならすでに万全を期して全裸待機状態なのだが、今週は思ったように物事が進まず。ただWiz配信は夕方以降とのことなので、普通に休日のお楽しみになったのが幸いだ。

まず大変だったのは娘の中学の試験勉強。本人はいつもより自主的に勉強をやっていたのだが、せっかくのやる気を削がずに分からないところをアドバイスするのに骨が折れた。褒めすぎると調子に乗って遊び出すし、厳しくすると泣かせてこちらの精神ダメージがでかい。これが思春期の娘を持つ父親か。これからが本番だというのに持ちこたえる自信が無い。
そんな不安が表れたのか、先日久々に死んだ母が夢に登場した。心身が消耗している時に見る2大悪夢で、こちらは死んだはずの母に娘が生まれたことを伝えようと必死になるというものだ。もう一つは巨大な赤黒いカエルに追いかけられるというパターンで、子供の頃から熱を出して寝込んだ時の定番である。ちなみにどちらの夢も結末はうやむやに現実の続きに繋がり、当然寝覚めは最悪になる。

仕事の方も少々ハマった。ここ1月ほど熱を入れて触っているBLE通信だが、これの試作基板が納品されたものの電源すら入らないというトラブル。既存製品基板にモジュールを追加実装しただけのものなのでモジュール周りの問題なのは明らかなのだが、いかんせん実装部品が小さすぎておいそれと付け外しができない。モジュールの動作LEDかアナログスイッチが怪しいと思っているのに手出しできないもどかしさがストレスMAXだ。0603サイズとかを普及させたやつらは死ねば良いと思う。
週1の勉強会レポート提出も少々やっかいだ。長らくの実施がようやく終わったのだが、最後のレポートだけ総括して社長提出することになっている。うかつなことを書くと夏の間フォローに奔走する羽目になるので、慎重かつ耳障りの良いことばかりにならずにまとめなければならない。明日中に終わるかどうか不安だ。
そして予想外に時間を食ってしまったのが見積もり資料の作成。例のBLE通信アプリを外注に出すためスマホスクリーンショットを撮って状態遷移図っぽいのをまとめていたのだが、組み込みと違って操作が限定されていないので書きにくいことこの上なかった。イベントドリブン型言語の台頭でフローチャートが一気に廃れたのも納得である。それでも今のうちではこれがルールだし精一杯のものだ。今回はとにかくやりきり、次回改善するしかない。

そんなわけで今現在寝不足極まりない状態だ。明日の会議が終わったら早めに仕事を切り上げ仮眠しないと、夜からのWizプレイに支障が出てしまう。仕方が無い、Wizのためもう少しがんばるか…。

研究職その4

研究職恨み節最終話。ハッピーエンドではない。


これ以降は若手との接点は週1の会議だけとなった。この製品開発プロジェクトの進捗を聞くだけである。じいさんに至っては姿すらロクに確認していない。
ただ影響を感じることは前述のネガキャンを含め度々あった。部下が辞めたあと社長が1人中途採用を連れてきたのだが、この人も1年経たずに社長とぶつかった挙句私を含めた会社批判して去っていったが、2人と仲良く話しているのは時折見かけた。そもそもこの人は経歴が特殊すぎたし待遇もすごかった。私と同年齢だったがなんと元々うちの新入社員で、契約社員として誰もが知る大手電気メーカー在籍経験ありだ。そして子供の学校関連で社長と再会して意気投合、復帰するにあたりいきなり係長待遇だった。社長の「人を見る目」と鶴の一声の体現者といえる。
うちの職歴があり先輩とも言え、同格なのに部下で、人事評価も関わらせてもらえずやりにくいことこの上無かった。平たく言えば同じ係長なのに仕事量と責任範囲に開きがありすぎた。そして経歴的なところで自分はその人に舐められていた気配はある。

この「いきなり係長」さんについては付き合いが短すぎて理解できていないところも多いが、顛末を端的に言えば実績を出すのがなかなかうまくいかず、それを社長にせっつかれたことではしごを外された感じになり、研究の2人の口車に乗って「うちの会社は、リーダーどもは」批判して去っていった。その年の無記名アンケートで「給与待遇と仕事量が見合っていない係長がいる」とあったが、以降ここまで露骨な意見は無いところを見ると書いたのは彼で間違いないだろう。そして彼の指すボンクラ係長は私のことだ。
この係長さんが辞めたあと、長らく携わった新製品は「条件付き」ではあるもののリリースを果たした。今では影の主力製品として立派に会社の売上を担っている。これで研究の2人とも関係がフェードアウトしていけばと思ったが、もちろん最後の最後まで被害を被った。その最後とは今から4年ほど前だ。

ここまで書けば彼らの新製品プロジェクトがポシャったのは誰でも想像がつくだろう。自分を含めた社内の多くがうまくいかないだろうと思いつつ、実際たった1年ちょっとでその通りになったのだが、ともかく散り際が斜め上でひどかった。試験結果の捏造発覚と退職時のデータ削除、退職後の労基駆け込みの3コンボである。フィクションでもここまでのクズはなかなか見かけない。当時怒りや呆れを通り越して笑えてきたのを覚えている。

試験結果の捏造は許せないこととはいえ、過去の実績から話多めに盛っているだろう位の予感はあった。だが実際には盛ったレベルでなく、悪質なミスリードを誘うサンプル操作らしかった。"らしかった"というのは2コンボ目のデータ削除があり真相を確認することができないからだ。思えば報告会の際にも彼らは自前のPCとUSBメモリーを持ち込んで秘密主義を徹底していたし、削除の目的も嫌がらせを兼ねた捏造の隠蔽なのだろうと考えるのが自然だ。捏造は詐欺だし、削除は備品の損壊以上にたちが悪い業務妨害だが、嘘のデータなぞ残されても邪魔なのでこれらは結果的にさほど問題ではない。報告会で1位を取って自分を馬鹿にしてたのは面白くなかったとはいえ。本当にアカンのは3番目の労基駆け込みと残された高額実験機器だ。

労基の件は向こうの言い分は休日出勤を強要されたのにその分の支払いが無い、そもそも残業時間が協定を超える、というものだった。もちろん嘘っぱちだ。休日出勤は同時期に私もやっていたが、彼らとはなぜか遭遇したことがない。総務と1年くらいゴタゴタ泥仕合をした挙句、(当たり前だが)最終的にうちへの大きなお咎めは無かった。せいぜいタイムカードは導入した方がいいね、くらいのことである。しかし我々係長以上の労働形態は大きなとばっちりを食らった。それまではわずかながらの職責手当とは別に残業代も認められ、働きすぎについてもカウントと制限がされていたが、これ以降は現場監督責任者扱いとして基本給の底上げと引き換えに残業代は付かなくなった。いわゆるサブロク協定の例外にさせられたのだ。給与面はどうでもいい。元から30時間を上限とした建前があり実質変わらないからだ。問題は残業時間上限が無くなったことで、会社側は必要とあれば大手を振って徹夜や休日出勤を監督責任者に命令できる。実際今年の春まで休日仕事当たり前、徹夜もありありだったし、今や我々の給与明細に残業時間の記載は無い。そして期日厳守の圧力は以前よりずっとひどい。
高額実験機器は償却前の低額転売でなかなかの損失となり、その年の我々の賞与にもダメージを与えた。さらにその後数年に渡りこの実験機器の残りものが場所を専有し、最近ではひどい間取りの実験室に我々の部署は引っ越しを強要された。それも1回だけでなく部屋の改装と合わせて都合3回もだ。それに加え昨年のコロナ騒動では変態的な間取りが影響し、距離を空けるため自分は部屋の外に机を出す羽目になった。これがリモートワークを熱望する大きなきっかけとなったのは言うまでもない。

そんなわけで2人が辞め、「研究」に関わるすべてが社内禁止ワードになってからも、事あるごとに負の遺産の影響を受けまくっている。前述の若手社員全滅もそうだし、労働形態の改悪もだし、間取りの件も、友人が冷や飯食わされてるのも、今の製品リリース計画ですら実はそうだ。ここまで周りに長期間悪影響を及ぼすとか紛うことなき悪人の所業だし、私が話の前半でロクな死に方しないぞと呪いたくなるのもやむを得ないというものだ。願わくば彼らが再び私の人生に登場しませんように。

…しかしじいさんはともかく、若手に再会したらいきなり係長さんのようになりかねないのが社長に感じる唯一の不安である。こういう3度目はいらないっす。


長々と書いてみたが、やはり人の悪口、愚痴は大してすっきりしないな。内に溜め込むよりは記録として吐き出した方がと思ったが、今後はもうちょっと楽しくなる内容を中心にしていきたいし、そういう生活と考え方をしたい。

研究職その3

研究職恨み節の再びの続き。地獄本番。


2人が開発担当になった肝心のセンサーだが、これも結論を先に言うと1年近くこねくり回してダメだった。この新製品はうちが久々に探り当てた新市場にて切に望まれるものだったが、要の性能が競合他社の足元にも及ばず、今後の方針も見当すらついていなかった。ここまでダメだとはさすがに思わず、知らされた時は一瞬思考が止まったことを覚えている。
並行して開発することになった計器側の要件としてpAオーダーの電流入力があり、こちらは社長を含めて彼らにもボロクソに言われつつ、最終的には期日に間に合わせた。ところがセンサーの方は期日前日まで問題ないと言い張りつつ、当日の報告でギブアップを宣言したのが実にたちが悪い。プロジェクト管理をしていた私への当て付けとか、謝罪と計画修正はプライドが許さなかったとか色々想像はつくが、期日調整をしておけばお客様対応で右往左往することもなく、余計なコストをかけることもなく、部員が疲弊することもなかった。
進捗の虚偽報告はさすがに会議の場で徹底的に非難した。プロジェクトリーダーとして当然のことだし、社長からは会議の直前にそれとなく若手への怒り方の相談をされていたからだ。社内随一の狂犬と悪名高い私がキレるのは妥当だろうということらしい。

この出来事の少し後、うちの部員で直接の部下が1人辞めている。理由はこの製品のゴタゴタだけではないだろうが、そもそも厳しい状況に彼を追い込んでしまったのは無理な開発スケジュールによるところも大きい。そして彼を守るべき自分に度量と余裕が無かったのも反省すべきだろう。ただ会社や私について彼にあることないこと吹き込んだ2人は、そもそもスケジュールを滅茶苦茶にした張本人として許されるものではない。若手は辞めた彼よりわずかに年長でグループのリーダー格だった。そして彼に親しい社員や彼らと仲良くなった社員は最終的には全員退職してしまうことから、なんらかの影響を受けていたことは疑う余地が無い。

この一件直後、表向き若手はしばらくおとなしかったが、じいさんの態度は相変わらずだった。ほどなく私が昇進し計器側のリーダーとなったのも気に食わなかったようだ。当時のリーダー格に手当たり次第声を掛け、「あんなのが同じ係長でいいのか」「団結して会社を変えるべきではないのか」とやっていたらしい。これは複数の同僚からじいさんが辞めたあと聞かされたことなので事実であろうが、なんとなくの気配はあったものの本気でこんなゲスいことをやる気心が理解できず、聞かされるたびに心底寒気がしたものだ。
ともあれこれ以降2人とは話す機会が激減した。この騒動でセンサー担当が代わり、間に入って私が引き継ぎをする時も直接顔を合わせることを拒んだのだから、もうこちらとしてはどうすることもない。

そしてこんな問題を起こしてさすがにじいさんの居場所は無いだろうと思ったのだが、現実はそんなことなかった。今も信じられないがこの件について2人に直接のお咎めは一切なく、それどころか大予算を与えられて次の新しい製品開発プロジェクトを再び任されることになったのだ。私にキレられるだけで大失態がチャラなのも意味不明だが、3度目の正直にしても失ったものが多すぎる。社長は弱みを握られてるのではと心底疑ったし、実は今もそうだったんだろうと思っている。

またもや続く。

研究職その2

研究職恨み節の続き。


さて、会社の影の権力者としてやりたい放題だったじいさんだが、3年ほどで一度うちを退職する。はっきり言えば契約終了という名のクビだ。

こうなった理由はまず、じいさんが関わった新製品がパッとしなかったことにある。前任の友人とその部下をまとめて降格、退職に追い込んだあと引き継いで開発した製品は、当初こそ新技術の導入で飛躍的な性能アップを果たしたように喧伝されていたが、フタを開ければ従来製品とさほど変わらず、メンテ面や製造コストではむしろ難しい問題を抱えていた。そして納期も遅れに遅れた。この製品はいわゆる「センサー」のカテゴリーなのだが、そのセンサーを利用する我々計器側の部署は1年近くまともな試作品すら与えられずデータ取りで苦労させられ、新製品をなかなか発売することができなかった。そんな実情をよそにこの製品はその年の報告会でブッチギリの1位となり、年末には会社特別賞も受賞していた。こいつのせいで忙しい中、なぜか報告会に駆り出された自分は実に不愉快極まりなかった。
2つ目は少し自分にも関わる。当時の専務が前回書いたような会議の出来事多発を見かね、じいさんを会議出禁にしたのだ。ここまで被害者が出る前に気づいてほしかった気持ちも正直あるが、しつこい攻撃に懲りず死なばもろともと公の場を巻き込む自分の反撃スタンスがうまくハマった稀有な例と言える。実務に影響が出るレベルの個人攻撃は組織として見過ごせないのは道理。ともあれこれでじいさんの発言力は低下した。
3つ目は金だ。なんだかんだで現実的に会社としてはこれが一番許されない。自業自得としか言いようがないが、月給制を蹴ってまで年俸を恐ろしく吹っかけていたのに実績がパッとせず、挙句翌年はうちがかつて経験したことのないほどの研究費を総務、経理に無断で消費したらしい。これにはさすがに技術者には比較的寛容だった会長(当時社長)も激怒し、年俸大幅カットか退職の2択しか許さず、最終的に契約終了の退職が決まった模様。研究費を黙認していた社長(当時常務)も責任問題でヤバかったらしいが、まぁこれも上司として仕方ないところだろう。

ちなみにこの時じいさんと一緒に仕事をしていたのが現部長。多少の年俸カットを受け入れて残留し、その後程なくして洗脳が解けたようだ。しかし最近までこの時培った精神論を優先するところがあり、部長として直接上司になった時は少々きつかった。まぁ彼も被害者と言えばそうなのだから仕方ないところもあるが。

じいさんの退職のタイミングはちょうど社屋引っ越しと重なり、しかも実質やらかしてのクビなのもあって、その引き際は暴れっぷりに対して不気味なくらい静かだった。皆業務と引っ越しの両立で忙しかったし、自分は子育てと自身の引っ越しもあって興味のないヤツのことを考える余裕すらなかった。

しかしこの話はここで終わらないのが恐ろしいところだし、うちの会社ヤベぇとなるところでもある。

会社の引っ越しも年をまたいでつつがなく終わり、久々に多くの新入社員を迎え入れた年の秋。社長が無事社長に就任し、会長が会長職に退き、じいさん退社から1年が過ぎた頃、再び地獄の釜が開いた。というか社長がこじ開けた。じいさんが突如うちを訪問することになったのだ。表向きは多大な貢献をした元社員に新社屋をお披露目することだったが、そんなのは誰も信じていなかったし、次の月からじいさんが復帰することになった時もガッカリすることはあれ、皆驚きはしなかった。社長また騙されたのか…という雰囲気で社員の思いは一致していたと思う。

さて、件のじいさんだが復帰後1年くらいは一人でごそごそやっていた。というか何もやっていなかったのかもしれない。そもそも社長直属の顧問として特別扱いだったので、下々にはまるで成果がわからなかったし、関わることが無かっただけでもありがたい思いでいっぱいだった。

やむを得ず再び関わるようになったのは、とある新製品の立ち上げでじいさんがセンサー開発担当になったためだ。ここで2人目の"ヤツ"が登場する。我社きっての頭脳派、有名大学院卒の若手社員である。
元々この若手とは同郷同高のよしみで社内でも比較的関係が良かったが、この頃からじいさんの助手として研究職となりこじれていく。入社当初の謙虚さはあっという間に消え去り、じいさんの名代として会議や打ち合わせで何かと私と張り合うようになった。言葉遣いだけ無駄に丁寧で諭すような話し方は典型的な慇懃無礼だった。知識や実力が無いのにエラそうな口を聞くな的なあれである。
特に対応がひどかったのはこれまでの話で度々出てくる報告会の質疑応答や採点の時。当時自分は主任の肩書で設計の実務と部員への分担、プロジェクト管理を行っていたのだが、以前のように「肩書の割に報告内容が薄っぺらい」との趣旨の発言を、質問と称して遠回しにされることが多かった。あとこれは被害妄想も少し入っているが、彼ら2人の自分に対する採点は恐らく0だったと思っている。先日書いたように評判と得点が噛み合わないのだ。順位発表のあと結構な数の社員に「自分はすごく面白かったよ」と慰められるのは実にありがたくも惨めだった。

というわけで再び続く。